+ Track & Field Plus +
陸上競技Plus
    
TOPPAGEへ
READ ME
管理人について
知識・情報
よくある質問
陸上まめ知識
用品情報交換
用品購入相談
スパイクレビュー
スパイクレビュー(掲示板)
練習メニュー辞典
陸上用語辞典
トリビアの陸上
みんなの陸上Blog
 
 掲示板でよく投稿される質問を掲載しています。 推薦があればこちらで。

 掲示板で話し合われた内容や管理人の知識内でのアンサーです。
 間違っている可能性もあるので参考程度に捉えてください。


Q.炭酸飲料は陸上選手にとってよくないの?
/A.飲むと爽快感が得られ、リフレッシュ効果があり、疲労回復に良いといわれています。・・・が、
炭酸そのものに害は無いけれど、炭酸飲料には糖分が多く含まれているものが多いので、
あまりオススメしません。飲むならば、味なしの本当のただの炭酸水を。→参考スレ

Q.筋トレをすると身長が伸びなくなってしまうの?
/A.筋トレによって身長の成長がさまたげられることは無いとされています。
むしろ適度な筋肉への刺激は、成長ホルモンの分泌が増え、身長が伸びると言われます。
ただし、負荷の強い過度なトレーニングは別の障害を引き起こすこともあるので、
何事も適度に、ほどほどに。→参考スレ

Q.チタンの効能は?つけると速くなるの?
/A.血流の改善、肩こり解消、疲労回復、痛みの緩和、運動能力の向上などの効果があり、
身体を流れる電流の流れが整えられることで、血流が良くなると言われています。
ただし、科学的な根拠はなく、使用した人の感想も人それぞれです。
モチベーションのアップや気持ちを落ち着かせるお守り的効果があるという人もいます。

Q.試合で腰にベルトを巻いている人がいるけど、あれは何?チタンベルトの効果は?
/A.おそらく、チタンベルトだと思います。チタンの効能は上に書いたとおりです。
ベルトを巻くという行為には、腹圧を上げる効果があります。
腹圧があがると骨盤が安定し、走っているときのブレが少なくなります。→参考スレ

Q.バイパーピン(Vピン)とは?
/A.asics製の一部短距離種目向けスパイクに着ける事ができるピン。
従来のスパイクではとらえきれない最後の瞬間までトラック面をとらえキックできます。
短距離種目に最適ですが、中・長距離種目には不向きです。
その人の走り方によっては逆にブレーキをかけてしまう可能性もあるかもしれません。
"最後の瞬間までトラック面をとらえる"この走りが出来ている人ならば試す価値はあるでしょう。
選手によって「いる」「いらない」の評価が分かれている商品です。→Vピンで過去ログ検索

Q.スパイクに他メーカーのピンをつけても大丈夫?
/A.走る上で問題はありません。
ただし、もしピンが抜けなくなった時は保障を受けることができません。
自己責任で使いましょう。また、メーカーによってピン回しが違うので注意しましょう。

Q.プロテインとは?身長が伸びなくなるって本当?
/A.陸上選手のように激しい運動をしている人は、普段の食事だけで十分な栄養を摂取することは困難です。そこで、足りない栄養を手軽に補うために飲むのがプロテインです。
主にたんぱく質を摂取することができ、肉離れなどの怪我の予防にも繋がります。
練習後30分以内や就寝前に飲むのが良いとされています。

あくまで足りない栄養をサポートしてくれるものなので、運動もせずただ飲むだけで筋肉がつくというものではありません。また、背が伸びなくなるという噂がありますがそんなことはありません。安心してください。

さらに詳しいことは検索サイト等で調べてみましょう。

Q.ハードルを3歩で飛ぶコツは?どんな練習をするべき?
/A.なかなか3歩で飛ぶことが出来ず、4歩or5歩で飛んでいるという方も多いかと思います。
3歩で飛ぶポイントですが、抜き足を引き付ける。着地姿勢を意識するなどがあります。
これらは、ハードルを飛んだ後の一歩目をしっかり前につくためです。
一歩目が前に出せないと、必然的に残りの二歩で進まなければいけない距離が伸びて、
「届かない!」ということになってしまいます。練習でもこれらを意識してみましょう。
また、まずは3歩で跳べる距離までインターバルを縮めて、リズムをつかむのも良いです。
ハードルはリズムが大切なので、5歩や4歩のリズムから抜け出すためにも試してみましょう。
→参考スレ:アルマジロさんのレス(着地姿勢)

Q.シンスプリントって何?予防法は?治療法は?
/A.<予防法>
練習では入念にウォーミングアップ、ストレッチ、ダウンを行いましょう。またアイシングも怪我の予防になります。
<治療法>
まずは、顧問の先生や医者など身近にいる人への相談をしてください。ここでは基本的なことだけ書いています。痛みを我慢して練習を続けてはいけません。練習量を落としたり、完全に休みにして安静にすることが大事です。無理をすると疲労骨折へと移行する可能性があります。そして、アイスマッサージや湿布等でケアを行いましょう。また、痛みがなくなってきた時に、すぐに元の練習に戻すと再発する可能性もあるので気をつけましょう。
参考サイト:小野整骨院 http://www.ono-seikotsuin.com/karada-topics010.htm
         早稲田クラブ http://www.wasedaclub.com/blog_detail/id=268

Q.ハムストリングスの鍛え方は?
/A.レッグカールマシンが使える環境にある方は使用しましょう。こんなやつ
<器具がない場合の練習法>
▼その1
スクワット
膝をあまり前に出さず、お尻を突き出すように
▼その2
足を足首のところで交差させ、上に乗っている足を下に押し、
下の方の足を上に押すと大腿四頭筋とハムストリングスが鍛えられます。
上下を逆にすれば両足の筋肉を鍛えられると思います。
上下の足でしっかり押して静止するようにして行ってください。
▼その3
まずは仰向けになり、膝をすこしまげてください。
そして、つま先はつけずにかかとだけでお尻を上げてください。
次にお尻を下げますが、できれば床にはつかないようにして上げ下げの動作を繰り返します。
上げるときはハムを鍛えているという意識をしっかりもってください。
 
Copyright© 2005 Track & Firld Plus+ http://www.rikujou.com/